電話:0086 21 54715167

すべてのカテゴリ

業界ニュース

ホーム>ニュース>業界ニュース

合繊バッグフィルターのメンテナンスはどうすればいいですか?

時間:2022-08-10

合成繊維バグフィルターの洗浄と交換サイクル。

1. 定格風量使用の場合、フィルタの交換目安は3~4ヶ月です。

2. フィルタの抵抗値が400Pa以上になった場合はフィルタの交換が必要です。

3. 洗えるろ材を使用している場合は、交換するろ材を水または中性洗剤を含む溶液で洗い、乾燥させてから交換してください。 清掃は最大 XNUMX 回まで許可されます。つまり、フィルターを新しいものと交換する必要があります。 使用環境の粉塵濃度が高くなると、この寿命も短くなります。

合成繊維中能率バッグフィルター使用上の注意。

化学繊維バグフィルターの入口面にゴミの詰まりがないか、ろ材の表面に傷がないかを定期的に確認してください。 表面を塞いでいる物がある場合は、それらを取り除く必要があります。 濾材の表面がひどく損傷している場合は、新しい濾材と交換するか、新しいフィルターを再取り付けする必要があります。 フィルターを取り付けるときは、空気漏れを防ぐために、フレームとのプレッシャーエッジで良好なシールを確保してください。 重いものを使用してフィルターの表面を叩いたり、フィルター媒体の表面を強く引っ張ったりしないでください。 新しいバッグでフィルターを取り付けます。 フィルターを設置するときは、空気供給の濾過効果を確保し、耐用年数を延ばすために、フィルターバッグの長さを地面に対して垂直にする必要があります。

SFFILTECH は、エア フィルターのメンテナンスと整備に関する知識をさらに詳しく紹介します。

1. あらゆる種類のフィルターを取り付ける前に、袋や包装フィルムを開けることは禁止されています。 フィルターは梱包箱に記載されている指示に従って保管してください。 取り扱いの際は、激しい振動や衝突を避けるため、軽く持ち上げて設置してください。

2. 高効率フィルタの場合、取り付け方向が正しい必要があります。波板と組み合わせたフィルタを垂直に取り付ける場合、波板は地面に対して垂直でなければなりません。 フィルターとフレームの垂直方向の接続、漏れ、変形、破損、接着剤の漏れは厳しく禁止されており、取り付け後は内壁が清潔で、浮遊塵、油、錆、破片がないことが保証されなければなりません。

3.検査方法:観察または白い絹布の拭き取り検査。

4.高効率フィルターを設置する前に、クリーンルームを完全に清掃し、拭き取り清掃し、空調システム内部の粉塵の蓄積を浄化し、再度清掃し、拭き取り清掃して、クリーン要件を達成する必要があります。 高性能フィルターが技術的なメザニンまたは天井に設置されている場合は、技術的な層または天井も完全に清掃し、きれいに拭き取る必要があります。

5. 高効率フィルターの輸送および保管は、メーカーのロゴの方向に従って保管してください。 輸送の際は、激しい振動や衝突を避けるために十分に注意し、乱暴な積み降ろしは禁止されています。

6. SFFILTECH は、高効率フィルターを設置する前に、設置場所でパッケージを開梱して、濾紙、シーラント、フレームが損傷していないかなどの外観検査を行う必要があることを注意します。 エッジの長さ、対角線および厚さの寸法が要件を満たしているかどうか。 フレームにバリや錆がないか。 製品の適合証明書があるかどうか、および技術的性能が設計要件を満たしているかどうか。 その後、国家規格で指定された方法に従って検査し、合格したものは直ちに設置する必要があります。

7. 高効率フィルターを備えたクリーンルーム 100 以上の清浄度レベル。設置前に漏れ検出を実行し、規制の要件を満たす必要があります。

8. 高効率フィルターを取り付けるときは、外枠の矢印が空気​​の流れの方向と一致している必要があります。 垂直に設置する場合は、ろ紙の折り目の方向が地面に対して垂直になるようにしてください。

9. 粗効果の平型フィルターまたは折り曲げフィルターを取り付ける場合、亜鉛メッキメッシュ表面が排気口の裏側の方向になるようにしてください。 バグフィルターを設置する際は、フィルターバッグの長さ方向が地面に対して垂直になるように設置し、フィルターバッグの方向が地面に対して平行に設置しないでください。

10. 通常の使用条件下では、平らに折り畳んだ粗目または中効果のフィルターは、通常 1 ~ 2 か月に 1 回交換されます。交換後、フィルター媒体を洗剤を含むきれいな水に浸してすすぎ、乾燥して交換します。 ろ過効率を確保するために、通常 2 ~ XNUMX 回のすすぎの後、フィルターを新しいものと交換する必要があります。

11. バッグタイプの粗効果または合成繊維中効果バグフィルターの場合、通常の使用条件では、通常 3 ~ 4 ヶ月で新品と交換する必要があります。

12. 準高効率フィルターの場合、通常の使用条件では、通常 5 ~ 6 か月使用し、交換する必要があります。

13. 上記フィルターの場合、フィルターの前後に差圧計または差圧センサーがある場合、差圧値が 250Pa を超えた場合、粗効率フィルターを交換する必要があります。 中効率フィルターの場合、差圧は 330Pa を超えるため、交換する必要があります。 準高性能フィルタは差圧値が400Paを超えるため交換が必要となり、純正フィルタの再使用はできません。

ホットカテゴリ